logo

吹田市の婦人科、産婦人科、医療法人社団公仁会 城クリニック

〒564-0031 大阪府吹田市元町26-10
TEL 06-6381-2281
トップページ»  骨密度測定について

【骨密度測定検査】~骨粗しょう症の発見・予防に~

骨塩定量検査ってどんな検査?

私たちの骨には、カルシウムなどのミネラル成分が含まれており、その成分量を測定する検査です。

骨粗しょう症や代謝性骨疾患の診断が可能です。

骨粗しょう症は骨量が減少することでおこる病気です。骨がスカスカ、ボロボロになり、骨折しやすい状態になります。

症状としては腰の痛み、背中の痛み、骨折などがありますが、骨粗鬆症になっても症状がない場合もあります。

骨の健康状態を数値化して知ることで、早期に骨量減少を発見できるため、予防や治療を行うのに役立ちます。

 
あなたの骨は大丈夫?

 

当院の装置と検査方法について


2015年3月に骨密度測定装置を新たに導入いたしました。

超音波で踵(かかと)の骨の骨量を測定します。
骨代謝の早い海綿骨を多く含む踵の骨を、
身体に負担のかからない超音波で安全に約10秒程の速さで測定することができます。

足を装置にのせるだけの簡単な検査ですので、
測定の準備時間を含めても2分程度で終わります。







 
 

 

料金について

健診費用1回1,000円です。

健康保険の適用になる方もございます。
担当医にご相談ください。
(3割負担の方で、検査費用240円程度です。)

骨折や骨粗しょう症になる前に検査を受けて、ご自身の骨の状態を知ることが予防につながります。